スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の後に 

晴れていて、きんと冷たい空気の日が続いています。
20070125203145.jpg

昨夜は三日月が見えました。(1枚目の拡大写真です)
20070125203152.jpg


さて、ちょうど1週間前、北ヨーロッパは強い嵐にみまわれていたのですが、
昨日のフリーペーパーMETROに、こんな記事が出ていました。
20070125203211.jpg

嵐の際に座礁した貨物船Napoliから積荷が流れ出し、
漂着した英国南西部デボン州の海岸に漂着。
付近の住民が海岸に繰り出して、
大型二輪車やオムツ、ワインの樽などを持ち出しているのです。

「海水につかって、このBMW、ちゃんと動くのかなぁ」
と心配しています。
いや、そうではなくて・・・
(私は、海水につかったワインの味を心配していますが)


Youtubeにも数日前にニュース動画が投稿されていました。

たしかに、皆さん、えっほえっほと持って帰っておられます。

しかし、
落し物になると思うのですが、これ、持ち帰ってよいのでしょうか?
(新聞のワインの樽をかかえた男性は、
これ空だから、と言いはっているらしいですけれど)

と思ったら、やはり、商船法で届け出る義務が定められているそうです。
そうですよね・・・

大々的に報じられた後、やはり問題となって
海岸は一般人は立ち入り禁止となったそうです。
(南アフリカへの積荷だったそうです。
自分の荷物をのせていた方は気をもんでおられることでしょう)



ニュースで有名になったのは積荷ですけれども、
問題は積荷のみではありませんでした。

座礁した貨物船からは、オイルが流れ出し、
漁場や水鳥など自然環境にも影響がおよんでいます。

今日先ほどアップされたBBCのニュースはこちら

BBCの提供するニュース映像のリンクはこちらです。
(別ウィンドウが開いて、水鳥の様子が映ります)



早く、きちんと処置できると良いのですが。



(飛行機雲の先端)
20070125203203.jpg



英国はまだ、木曜日の夜なのですが、
いつも、日本が土曜日に入ってから、週末のご挨拶をしていて
取り残された感があり、さみしかったので今週は早めにご挨拶を。
(明日の日記は書きますけれど)

皆様、よい週末を!
(ちなみに、アメリカ人も、イギリス人も、金曜の午後近くになると、
週末のことを考えて、そわそわし始めるのです)


sonosonoの葉っぱ(水栽培)の親を見つけました。
20070125203233.jpg

この木の名前は何なのでしょう?
20070125203248.jpg






sonosono便り
「イスラム教って鶏肉食べてもいいんだっけ?」
帰宅後、sonosonoが聞いてきました。
  ・・・豚肉が駄目なんだよ。

なんでも、持参したお弁当を同僚A君(イギリス)と
同僚もあ~ず君(サウジアラビア)といっしょにつつきあいながら
食べたのだそうです。
「今日のおかずは豚肉なかったよねえ?」

幸いにも、今日は豚肉エキスも使っていませんでしたが、
sonosono、時々よく分かっていないので、キケンです。
ムスリムに豚成分食べさせちゃいけません。
これからは、ちゃんと説明して渡さなくては・・・







クリックして、一票いれていただくと、張り切ります。


<追伸>良かったら、コメント書いて下さいね。

コメント

sonosonoさん葉っぱ
たぶんAucuba japonicaという植物ですね。日陰でも育つので庭とかによく植えられています。斑入りの葉と赤い実がかわいいです。日本名はアオキ(ミズキ科)だそうです。そんなに大木になりません。たぶん植木鉢でも大丈夫(だと思う)私がよくお世話になっている、online植物アルバムに食用可になってました。近所の庭にもありますが、ついぞ人の食べているのを見たことはありません。
ニュースは先日、私も見ました。たぶんうちの近くにワインの樽が流れ着いたら私も転がしてしまうかも?
デポン州の海岸は世界遺産だそうですが生物への影響は大丈夫なのでしょうか?

ゲット!!
私も地元の人が、ワインやら雑貨類やらをまるで、バーゲンセールでゲットした戦利品のように、ホクホクと抱えてるのを、ニュースで見ていました。マズイだろうなぁと思いながら。やはり、いけないんですよね。何が打ち上げられたか、ちょっと見に行きたい気はしますが・・ 
オイル流出は深刻な問題ですよね。生物への大きな被害が起きないことを願うばかりです。
アオキってなんか裏庭の雑木というイメージがあるのですが・・
こんにちは!
早速トラバと、リンクを貼らせて頂きました。
とても優しい心温まるブログですね!
これから少しづつ前の記事も読ませていただきます。

海に流れたオイル。地道に処理をしていくのはまだまだ寒いし大変ですね。心が痛みます。
>rikaさん
まさに、Aucuba japonicaで出てくる写真の通りです!
斑入りで、すこしギザギザのある葉っぱ。赤い実は、少ししかもう残っていませんでしたが、鳥にでも食べられてしまったのでしょうか。興味はありますが、この赤い実を異国の地で食べるのは、かなり勇気がいります・・・しかし、sonosono、japonicaな葉っぱを選んで持ち帰っていたのですね。すごい本能!
デボン州の海岸って世界遺産なのですか?あのデボン紀関連で??知らないことがいっぱい・・・新聞を見直してみなくては。
学生時代の私だったら、「空のワイン樽」を転がしている可能性を否定できません。えぇ、もちろん空のです。
>翔太ママさん
ふふっ・・・たしかに、ホクホクとゲット!!という感じですね。ほくほく。
お引越しの家具などもあったそうです。お金にかえられない品もあるでしょうに、もう、ネットオークションにかけられているという噂も・・・
船の会社がコンテナを開けないでくれ~と言っておられました。でも、確かに見に行きたいかも。
sonosonoには、裏庭の立派な雑木だといっておきます。確かに、日照時間が少なくても育つというのは、英国の庭に適しているポイントですね。
> ママ・チットロムさん
ありがとうございます!
私も、ゆっくり見させていただいているところです。

座礁貨物船の為に、オランダからの専門船が2隻が到着したそうです。
そうですね、折しも、ぐっと気温が下がった週でした。作業が無事にすすむよう、祈るばかりです。
上で世界遺産だと教えていただいて、さらに作業の進行が気になってきました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/112-ebfa3dd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。