スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国の不思議 

「ちらし寿司は、ちらし寿司?」とsonosonoにつつかれて
朝、ちらし寿司をつくりました。
うきうきしているねえ、君。でも、パタパタとあおぐ係りもいるからね。
20070129175621.jpg

あっという間に、ちらし寿司の素で五目寿司飯がお手軽に出来上がり。
20070129175628.jpg


あとは、海老と、絹さやと、錦糸玉子でアレンジすることにしました。
以前、錦糸玉子を作る名手と認定され、
卵20個分の錦糸玉子をつくった経験により
錦糸玉子を作るのははお茶の子さいさい。
(ちなみに米2升分のちらし寿司だったのですけれど、
作った錦糸玉子の半分しか、トッピングには使ってもらえませんた)
20070129175636.jpg

なんだかお寿司の箱が情けないけれど、仕方ありません。
ハギスが入っていたタッパーウェアに詰めるのがsonosonoのご希望なのです。
20070129175644.jpg

皆様に気に入っていただけるとよいのですけれど。





さて、つれもな検索ちゃんを見て、ええっ、楽しそう♪と思ったのですが、
私の場合、まだ日が浅いためか、やはり、研鑽が足らないためか、
検索ちゃんの面白みに欠けていたので、
トラックバック企画にはしませんでした。
もっとデーターを蓄積していつの日か!と心に誓い、今回は見送ったのですが、
NZ暮らしのヒントを見てしまい、ダメだ、やっぱりトラックバック。
(別に、なにがダメな訳でもないのですけれど)



では、まず洗濯機から。
20070129180619.jpg

洗濯機は、何故か台所にあるのが、英国のデフォルト。
シンクの前に立って、左斜め下が洗濯機です。
日本人には違和感たっぷりですが、主婦には便利な仕組みかも。
ドラム式なのは良い事なのですが、いつ造られた製品なのか、脱水時には
ドタンバタンとものすごい音がして、
徐々に洗濯機自体が前にせりでてくるほどです。
(炊事をしながら、えいえい、と押し込むことが出来るのがポイント)



台所でさらに触れておきたいのは、コンロです。
20070129175749.jpg

英国でも電気とガスが混在しているらしいのですが、我が家はガスでした。
日本のコンロなら、かちっとひねる、もしくは押せば点火する仕組みですが、
ここは英国。
右下に見える黒いボタンが着火装置になっていて、これを押して、
カチカチカチという音を聞きながら、上のガスのスイッチをひねります。
着荷装置が付いてなくて、チャッカマンで火をぼっ、
と点けるお家もあるのだとか。


天井はこんなおしゃれなライトがついています。
20070129180656.jpg

おしゃれさとは、きっと無関係だと思うのですけれど、
20070129180648.jpg

このライト5つが1組セットで、5つのうち1つでも電球が切れると、
バチッと大きな音がして、ブレーカーが落ち、部屋ごと真っ暗になる・・・


そして、あともう一つ。
洗面所の蛇口のHとCが離れて別々になっているのは、なぜなんでしょう?
20070129175759.jpg

Hでは熱いし、Cでは冷たいし、
本場英国人は、いったいどうやって洗面しているのでしょうか?
ぜひ、教えていただきたい。









sonosono便り
ちらし寿司は、グッドでもエクセレントでもない褒め言葉を
同僚A君からいただけたそうです。
(いったいどんな褒め言葉だったのでしょう???)

二人でちょっとだけ味見したけれど、
残りは、ラブリーなwifeチャーリーと一緒に食べると言って
お持ち帰りになりました。







クリックして、一票いれていただくと、張り切ります。


<追伸>良かったら、コメント書いて下さいね。

コメント

ちらしずし!
彩りもよく、おいしそうにできましたね。
同僚A氏のグッドでもエクセレントでもない褒め言葉とは何なのでしょう。知りたいです。そして、一生懸命作ったのですから、もっと積極的な意見が聞きたかったですよね。もしかして、目新しい食べ物は絶対に妻に見せなければならない恐妻家?
水道の蛇口の正しい使い方も気になります。
おいしそう!!ですよ
ちらしずし、豪華ですね。えびが一杯のって・・・・
我が家では時々しらすぼしをちらしずしの具につかいます。寿司酢も橙とかレモンとかの酢を使い、しらすもその中に投入してご飯と合わせます。彩りは地味になりますけどカルシウムはとれます。
水道の蛇口は昔は日本でもこんなんではなかったですか?
きっと、排水のところに栓をしてためて顔を洗うんでしょうね?
あ~、一緒一緒!!!
うちのガスコンロもまったく同じです。
私は料理中によくこぼしたりするので、着火装置(というほどでもありませんが)が動かなくなったことがありまして、チャッカマンで点けてました。でも、日本なら100円で売っているチャッカマン(もどき)が700円ぐらいするので、ここでも世の不条理を感じました。

蛇口も、まだまだこういう家多いですね。
私はお湯+水をためて顔を洗ってました。
書き忘れ!
ところで錦糸玉子はどうやったらあんなにキレイにできるのですか?
私のはいつも・・・(ヒドすぎて言葉がみつかりません)
そのうちそっと教えて下さい。
錦糸玉子
錦糸玉子、水溶き片栗粉を入れる人もいますけど?
marimariさんはどうですか?
美味しそうできれいなおすしですね!

我が家のコンロはすべて電気です。
ああ、炎でつくった料理が食べたい!です。
しかし掃除はラクです。
我が家の洗濯機もドラム式ですが、時折原因不明の出水を起こすので、そのたびに床が水浸しとなり大騒ぎ!
これも生活のアクセントと諦めております・・・。
>翔太ママさん
おそらく、sonosonoを通った時点で、何かが抜け落ちている可能性が・・・今日聞いたところによると、英国デパート、セルフリッジの地下にあるくるくる寿司、Yo!SUSHIと全然違うね、美味しかったよ、と妻と話した、と言っていたそうです。これが日本家庭の一般的なお寿司ですよ!(○谷園のおかげですけれど)と胸をはりました。綺麗な巻き寿司が作れたりすると、本当に胸をはれるんですけれど・・・修行あるのみですね。
>rikaさん
柑橘類の酢を使うんですね。なるほど、その場合、あまり色々使わないほうが、美味しいんですねえ。サーモンとライムなら大丈夫ですかね、うむむ、ライスサラダみたいになっちゃうかも・・・
えっ、昔の蛇口こうでした?すっかり忘れてます、それ。でも、そういえば、二つ蛇口があって、どっちも水しかでない洗面所なら記憶があるかも。
>きなこさん
初めに強火がきて、さらにひねると終着点が最弱火なのが、最初不思議な感じでした。そういえば、水滴がおちる鍋をそのままコンロにかけると、なんど挑戦しても火が着かなくて、うぉぉ~と叫びそうになったことが・・・結局、火をつけてから置けばいいんだわ、と気がついて、その後はあとから鍋作戦です。
台所は混合栓なのですけれど、なんだか、いつも、右手が冷たくて、左手が熱いような気がします。
ふふふ・・・錦糸玉子はね・・・
錦糸玉子
片栗粉は私は使わないのですけれど、
そうですね・・・入れると卵が丈夫になるかも。
なるほど。
>ママ・チットロムさん
オール電化の家が日本も流行っているようですけれど・・・電気コンロは十分熱くなるまでに少し時間がかかる、という印象があるのですけれど、実際どうなのでしょう?炎があると、冬は暖かくていいです。あ、タイもNZも暑いんでした・・・すみません。
ええっ?ドラム式洗濯機から謎の出水ですか??
我が家も心配になってきました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/116-d8fbe1e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。