スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波羅蜜? 

昨日は、チャーリー社長とらっくば~っく!!!をいただき、
チャーリー社長に仕えるちゃーりーズエンジェルの私としては、恐縮千万。
そして、たくさんの方にお越しいただき、光栄でした。

さて、今日は先ほど、sonosonoが持ち帰った、変わった食べ物のお話です。
(今日も、「ほぼ曇り、湿度93%」のmanchester)
20070201173538.jpg

こちらが、sonosonoが買い求めてきた品物。
20070201204614.jpg

「フルーツって書いてあったから、買ってきた♪」と言っていますが、
これはいったい何でしょう?

ラベルをみてみると、Jackfruit(ジャックフルーツ)と書いてあります。

ジャックフルーツ?
型通りにWikipediaで調べてみると、長さ70cm、幅40cm、重さ40-50kgに達することもある世界最大の果実だそうです。

でも、これ、40-50kgもあるようには見えませんけれど・・・
20070201204620.jpg

と読み進むと、「果実はクワ科の特徴である集合果」と書いてあります。
なるほど、これらが集まって、40-50kgもの巨大な果実になるのですね。

「葉と根は薬用に。
パラミツの木材は建材、家具、仏像、印鑑の他、ガムランなどの楽器に。
また、材は仏僧の法衣などの黄色の染料に使われる。」
のだそうです。

へ~、パラミツの木材が・・・
パラミツ???

このジャックフルーツ、英名はJackfruitですが、
和名はパラミツ(ハラミツ)=波羅蜜なのだそうです。


波羅蜜といえば、仏教徒(!)の私にとっては、
般若心経の冒頭、
観自在菩薩行深般若波羅蜜多
(かんじざいぼさぎょうじんはんにゃはらみたじ)
の、「はらみた」なのですけれど・・・

(種も栗のような感じで美味しいそうなのですが、除いてありました)
20070201204629.jpg



というわけで、今度は、波羅蜜を調べなおしました。
それによると、
「波羅蜜(はらみつ)とは、サンスクリット語の
पारमिता Pāramitā(パーラミター)の音写。
玄奘以降の新訳では波羅蜜多(はらみた)と音写する。」

(今、पारमिताなんて文字がブログ上で使えることに驚いています)


波羅蜜多は
般若心経では、彼岸に至る、という解釈なのですけれど、
言語的には、最高の状態→究極最高であること、と解釈すべきなのだそうで、
どうも、ジャックフルーツに関しては、
(食べるたびに彼岸に至らされては困りますので)
最高に美味しい食べ物、ということで名付けられたのでしょうか?


京都府のサイトの、H18年6月9日の見ごろの植物情報というページに
パラミツを見つけました。(上から10個目の写真になります)
インド、東南アジア諸国で栽培がさかんだそうですが、
京都植物園の熱帯有用作物室にも植えてあるようです。
京都府の説明では、サンスクリット語「最高のもの」に由来するとあります。

今回、sonosonoお買い上げのジャックフルーツは、
タイからmanchesterまでやってきていました。
20070201204636.jpg

しかし、これ、食べ方のお勧めがあるのでしょうか??
とりあえず、そのまま生でたべてみます。







sonosono便り
Dr.れーざーらもんに、もし可能ならマンチェスターUのチケットの手配を助力してもらえるよう、お願いしてもらいました。

それはそうと、Dr.れーざーらもんの乗っている車は、
ポルシェ・カレラだそうです。すごいです~!

最近の問題は、私marimariも、
Dr.れーざーらもんの本名が咄嗟に出てこない、という事です。
昨日、Dr.れーざーらもんから電話がかかってきた時に、
「Hello! Dr.れー(ざーらもん)」と言いかけました。危ないです。







クリックして、一票いれていただくと、張り切ります。


<追伸>良かったら、コメント書いて下さいね。

コメント

おお、すごい!
ハギスカレーといい、まりさんのお宅の食材は本当にインターナショナルですね!
タイのスーパーでもこの状態で売られています。なんだか感動してしまいます!南国の果物にしてはさっぱりとした甘さですよね。初めて食べたときはビニール袋に入ったものをタイの運転手さんに勧められて食べたのですが、言われたとおり何もつけずに切ってあるものをそのまま食べました。
因みにタイも同じ仏教国ですが日本とは違い小乗仏教です。タイの皆さんはとても信心深いです。
はらみつ
おいしそうです。私は、以前ドリアンをたべてはいたことがあるのですが、これはうまそう!!
果物にもそんなありがたい名前がついてるんですね。
はらみつ??
すごいデス。三重の片田舎ではお目にかかれないようなフルーツ様!!食べてみたい!!
三重県に上陸するのは何年後でしょう・・・。
名古屋に行こうかな。はらみつを探す旅。
その前にネットで・・。ってmarimariさんの感想を聞いてから購入考えます。感想楽しみにしてますね。

以前ドリアンを会社でみんなと食べたのですが、すごいニオイで異臭騒ぎになってしまいました。
この辺はコンビナートがあるので公害か!?って大騒ぎ
でびっくり!!新聞に載りそうです。
その後胃の中からこみ上げるニオイにやられて半日死にました。。。ドリアン注意!
>ママ・チットロムさん
オットsonosonoが、目にとまったものを買って来るので、今、タマリンドスープペーストが3袋も・・・
そうです、甘さがあっさりなパラミタでした。
マンチェスターは、様々な国の方が集まっているので(学生を含め)、本当に国際的で、英語以外の言葉が当たり前に飛び交っていて不思議です。
自由に信じたいものを信じられるって、素晴しいです。お坊さんが本当に大事にされているのですよね。小乗と大乗の違いを昔教わりましたが・・・おおむね忘れました。また、教えてください。勉強します・・・
>rikaさん
ドリアンは、中華系スーパーで売っていることがあるようで、においだけは体験しました。
美味しいのかもしれませんが、匂いが駄目だと食べられませんよね・・・やはり。
これは、sonosonoが自ら買って来るぐらいなので、ドリアンみたいなことはありません。不思議~な食感です。繊維質で。甘すぎることもなく、美味しいですよ。名前が「ありがたい」です。朝昼晩、食後にありがたく食べています。
rikaさんのあたりは、皆、カープファンで、MAZDAに乗っているのだと思っていましたが、虎ファンもいるのですかぁ。思い込みは駄目ですね。
>sanjiさん
こんにちは。
これは、都会の食べ物です!ここ、マンチェスターは、世界各国から人が集まっているので、こんなものも運ばれてくるのだと思います。本当に、初めてみました。しかも、南の国でなく、こんな北の国で。タイ、インドなどの東南アジアからこられた方が多くおられるのだと思います。缶詰もあるらしいですが、やはり、生が美味しいらしいです。(ドライフルーツも美味しいそうですが)。
ドリアンって、コンビナートな匂いなんですか?私の体験したのはそれほどではなかったのですが・・・
日本まで行って、温まってすごいことになったのですねぇ。
パラミタ、美味しいですよ。不思議な歯ごたえです♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/119-42f741c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。