スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春節青菜~春節その2 

昨日の歩歩升高とは、トントン拍子に出世すること、だと
ネット上で拾えました。
出世?sonosonoに、ぜひ、がんばってみていただきましょう。
おそらく、本人には、興味なさそうに見えますけれど。
下の写真は、赤い飾りのぶらさがる、新年の中華街です。
20070219205352.jpg

さて、私どもが中華街にやってきたのは、市の広報で見た、
ドラゴン・アンド・ライオンダンスを見るためでした。

中華街からは、遠めに見ると、出てくる人もいれば、入っていく人もあり。
本当に、やっているのかしら?と思いつつ向かいましたが、
区画内に入ってすぐは、人だらけ。
その人をかきわけながら進むと・・・


いました!中国の獅子舞です!!
20070219205402.jpg

ちなみに、上の写真はsonosono撮影。
ちびっこの私が撮ると、こんな感じになります。
頭ばっかり。
(ちなみに、このお店、日本人好みの菓子パン売ってあります)
20070219205423.jpg

一軒一軒、爆竹が鳴って、獅子舞舞台がお店に入っていって、
一しきり踊って、出てきて、また踊って、次のお店へと向かいます。
これは、獅子舞の先導。これがドラゴン??
20070219205430.jpg

頭ばかり見えていたので、何が何やら、よく分かっていなかったのですが、
ここで、ようやく、少し事態を把握しました。
この写真の上の方の窓からおじさんが顔を覗かせておられます。
このおじさんが、棹を持っているのが分かりますでしょうか?
獅子舞が、お店の中に入ったのを見た後、
おじさんは、棹をとりだして、棹の先にまきつけた紐を
くるくると棹を回しながら、のばしていきます。
その、糸の先には・・・キャベツか、レタス?とにかく青い野菜が。

よく分からないけど、おじさんっ、頑張れ!
獅子舞が出てくるまでに間に合わせたいんだよね、多分!!

おじさん、なんとか間に合い、
旗のちょっと右   ↓ここらへんに、キャベツ(仮)がぶら下がっています。
20070219205439.jpg

お店を出てきた獅子舞が、これを、ばくっとくわえて、
くいちぎって放り投げたりして、このお家の舞は終了。
次へ獅子舞は移動していきました。

獅子舞とキャベツ?獅子ってベジタリアン??
(ライオンは違いますけれどね)

この、中国のお正月(春節)でおこなわれる獅子舞は、
春節青菜と呼ばれるものだそうで、
青菜の中に、ご祝儀がしこまれているとのこと。
(別に吊り下げられたり、渡されたりすることも)

獅子が好物の青菜をとれることは、念願成就の意味や
財をなす、などの意味もこめられているそうです。


あ、そういえば、唐獅子牡丹と図になっているように、
獅子は牡丹をたべて生きているので、虫(獅子身中の虫)が
つかないのでしたっけ?
じゃあ、鏡獅子や、連獅子もベジタリアンなのですね、たぶん。
どうも、よく分かっていないので、ご存知の方、教えていただけると、
喜びます。








sonosono便り
今日は月曜日・・・とため息をつきながら出かけていったsonosonoです。
かわいそうにねえ、かわったげるのに、と思いながら掃除をしていると、

???
ここに、乾かしておいた、雄しべがない!!!
「サフランティーを飲んでみよう」計画をたて、
サフラン(と思われる)おしべを取って来て、乾燥中だったのに!

帰ってきたsonosonoに聞いてみたら、
「葉っぱにお水をあげてたら、紙にかかったから、ふいて捨てちゃった。
そんなの、あった?」
だそうです。

あ~、その上に、大事なものがあったのに。
仕方ない、まだ、いっぱい咲いてるから、晴れた日にとりに行きます。




↑葉っぱもいいけど、おしべもちゃんと見て、sonosono♪クリック募集中。




コメントもお待ちしております。

コメント

事故発生ですね!
こりずにまた乾かしてみてください。
花ごとこっそりつんできて、オシベだけとっても大丈夫
球根でふえます。では、みつからないようにそっとそっとどうぞ
爆竹に獅子舞、倫敦でも中華街は別世界のようですね。
鼻の前にぶら下げるのは、キャベツでは無くて、ニンジンではないかと。。。えっ違う?
日本では獅子舞なんて見られなくなりましたねぇ。
日本の中華街では爆竹がすごいって聞きますけどそちらはどうなんでしょ?

ドラマですが、先週の土曜日から始まったNHKの『ハゲタカ』が面白いです。
『華麗なる一族』より全然です。
主役はまだそんなに有名じゃない人ですが(CMにちょこっとでてるくらい)。
松田龍平くん、好きじゃなかったけど見直しました。
機会があったら是非。v-55
ごめんんさない、爆竹のこと書いておいででしたね。
ぼんやりでお恥ずかししい。
で、書き忘れたのですが件の米菓はどんなお味でしたか?
>rikaさん
そっと、そっと、そ~っと、
こっそり摘んでみます。
おしべだけとってると、明らかに、注目をあびていましたから・・・
白や真紫や赤い花の一群が、別の家の庭にあって、
sonosonoが、あれはどうだ?というのですけれど、
「あれ」は明らかに、クロッカスだってば、という会話をしています。
>LiLA管理人さん
本当に、異世界です。
看板も漢字。お店に入ると、中国語(どこの地方の言葉なのか、分かりませんけれど)。同じアジア人でも、大陸の人はパワーが違います。中華街が無い町には行けないの!という中国人の方がおられるそうですが、中国系スーパーなら、ある程度の大きさの町ならどこでもあるのがすごい所、と尊敬します。
え?にんじん??あ~、あの見慣れた感は、確かに、にんじん!なるほど。
>もなかさん
日本獅子舞、そういえば、生でみたことないです。
頭をかぷって、かんでもらうと良いのですよね。たしか。今、日本の獅子は、どこらへんに、生息しているのでしょう?
えっ、「ハゲタカ」ですか?ちょっと、NHKのサイト見に行ってきます。まつだりゅうへい君ですね。欣也さんより、いいかなあ。御菓子は、カラメル風味で、ねっとりしているので、お皿を洗うのが、ちょっと大変でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/135-e17d3a54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。