スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜか、黒豆 

樹の枝には芽がふき、
レンガの塀の上にむすコケも、ふかふかになってきました。
20070220162448.jpg

旧正月なので、豆でも煮てみようかしら、と思い立ち、
日本から持ち帰った丹波黒豆を煮豆にしてみました。
20070220162500.jpg

一粒より、だそうです。
しかし、こんな黒い豆、初めて食べてみようと思った人は偉いです。
私の実家では、黒豆を煮るのは、父のお役目で、食べるのも父の役目。
あまり好きなものではありませんでしたが、
おせち料理には、必須といわれている・・・
ということで、ここ数年、年に一度、挑戦しているところです。
20070220164117.jpg

早い話が、一晩、豆を水につけて、煮るだけでしょう?
・・・というのが難しいんですよね。
シンプルなだけに、ごまかしようがない。

自分で煮るにあたって、採用したのは、
豆は、漬け汁だけで煮るもの。
煮えたら、煮汁だけとりだして、すばやくグラニュー糖を溶かして、
そこに、豆をもどす。風味付けに、醤油と赤ワイン少々。
砂糖を加えたら、豆に火はいれないのです。

砂糖を入れたら煮ない、というのが不思議でしたけれど、
豆自体は甘くならないので、
甘さ控えめが好きな私には、うれしい味になります。
sonosonoは、甘い豆スープとして、食べていますが、
それも、また楽しいようです。
ちょっとしわも入っていますが、味はオッケー。
20070220162515.jpg




一昨日の中国、新年の御餅、「年 米羔」は、
フライパンの上で、こんな姿になりました。
硬いスライスが、焼いていると、ある時点から、
急にやわらかくなって、ふにゃっ、となるのは、まさに御餅といっしょ。
味については、お砂糖入りを焼いているので、ちょっと、カラメル風味です。
20070220162523.jpg

中国つながりで、ジャスミンティーをあわせてみました。
20070220162630.jpg









sonosono便り
中近東系の人(sonosono談)は、今日も、なにかお鍋をもって現れたそうです。
研究室あらため、料理教室???
sonosonoは、デザートをもらったそうですが、何を食べたかは、
もう、忘れちゃったそうです。

あ、そうそう。
今日、帰ってきたら、sonosonoをとりまく空気がけむけむ・・・
「吸った・・・」と言っていました。
あ~らら。
タバコどうしたの?と聞いてみたら、自分で買ったみたいです。
ということは、自分でコーヒーも買えるということですな。
これからは、自分で買ってもらお~っと。

昨日、なんだか当り散らしてると思ったら、禁断症状だったようです。





↑卒煙の道は、もうちょっとだったね、sonosono♪クリック募集中。




コメントもお待ちしております。

コメント

黒豆
毎年お正月には大量の黒豆を炊くのですが、毎回色々と失敗が・・・
しかし、シャトルシェフというおなべを購入したため上手に炊くことが出来るようになりました。
sonosonoさん、禁煙やめちゃったのかなー?
残念!!
>rikaさん
シャトルシェフはあこがれですね~
一ヶ月一万円生活に、土鍋を毛布で保温して、ガス代節約、というのを見たときに、あっ、シャトルシェフだ!と思いました。圧力鍋も、シャトルシェフもいいなあ。ル・クルーゼの大きな鍋を持っていたのですけれど、重いっ!と、sonosonoは目の敵にしていました。
禁煙はね、たぶん、また、始めると思うのですけれど、あんまり言うと逆効果なので。と思いつつも、けむけむ~とつぶやいている私です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/136-2d23f8ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。