スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スローな開封? 

今日は、雨のち曇りのち、ちょっと晴れのマンチェスターでした。
(短い飛行機雲なのですけれど・・・↓ここらへんに雲の先端)
20070222194604.jpg

買い物の帰り、おやつを食べる、といってsonosonoがとりだしたのが
こちらです。
なんのへんてつも無い、ポテトチップスの袋なのですが、
sonosono、開けることができません。
しかも、悪戦苦闘するまえに、私に横流し・・・
20070222194631.jpg

しかし、無理もないのです。
アップにしてみると
20070222194641.jpg

袋の口に、あける手がかりになるような、
ぎざぎざも、切れ込みも、持ちしろもありません。
どうやって、あけるかというと、努力あるのみ。
家だったら、鋏を持ち出します。


参考までに、これは、パンの袋をとめているシールです。
過日、感動のあまり、記録に残したもの。
20070222194652.jpg

このシールは、秋冬頃まで、前面粘着面のものが使われていました。
つまり、シール裏の青い部分が無く、
端から端までシールでぴったり閉じられていて、
鋏で切るか、必死にはがすか、その他、を選択するしくみだったのです。
こんなに、はがしやすい仕組みになったなんて、快挙!
一時の気の迷いで、元に戻ってしまうかもと、あわてて写真をとりました。
幸い、今日まで、ずっとこのはがしやすいシールのままです。


クッキーやチョコレートのパッケージにしても、
日本のものみたいに、きれいにぺりぺりっと封がきれるような
便利な箱に、今まで出会ったことがありません。
たいてい、ばりばりと、箱を破壊しながら開封するはめに・・・


20070222194615.jpg


最も苦労しているのが、フードラップ。
いまだに時々、もおっ!と地団駄ふみながら、ラップをちぎっている
私、marimariです。
クレハや旭化成が進出してきたら、さぞ驚かれることと思います。
今度、日本からのお土産は、日本製フードラップにしようと思うくらい。
sonosonoは、「えーっ」と言っていますが、分かってないね、君。

しかし、実は、そこまで開けやすさを求めなくても、
のんびり、ばりばりと開封すれば問題ないこと、というお話もあります。
そういうところに、時間や余計なお金をかけない
スローな暮らしって、そういうこと?


ご近所の教会に咲いていた花です。先週はまだ、つぼみでした。
20070222194734.jpg









sonosono便り
バルタン星人の由来が、
シルヴィー・バルタンだという噂を聞いて、
ひそかに楽しんでいたのですが、

wikipediaをみてみると、
それは単なる勘違いで、バルカン半島から命名された、
と書いてありました。

シルヴィーの方が面白いのに・・・
と思っていたら、
米国のとある大学の史学部で学生のレポートにあった共通の間違いが
wikipedia(英語版)島原の乱の項目によるものだったのをうけて、
テストやレポートにwikipediaから引用するのを禁止した、
というニュースが出ていました。
確かに、全部が正しいわけじゃないですよねえ。

バルタン星人、どうなんでしょう?円谷プロに聞いてみなくちゃ。




↑きっとどっちでもいいんです、sonosonoの場合♪クリック募集中。





コメントもお待ちしております。

コメント

日本の袋はスゴイですよ~
切れ目が入れてあるばかりか矢印がついてて
ココから切ります、とかなんとか書いてあるのまであります。
コレでは日本人が自己責任を取れない人間になるのも仕方ないと言う気すらしてくるくらいです。
イギリスのような袋だったら「ちゃんと切り口を入れてなかったから中身がこぼれた」なんて苦情係りに電話しちゃう人まで出るんじゃないでしょうか?

何事も程よい、と言うのが大切ですね。
でも、ポテチの袋のぎざぎざくらいは入れてくれても自己責任には影響しないでしょうけどね。

未だにラップの切り口くっつけちゃうことのあるもなかでした。
ラップ
日本のラップはすごいです。最近、ユニバーサルデザインとか、色々な話を聞く機会があり、あの方法だとお年寄りとかでもきれいに出来るのでいいのだとか。容器再生リサイクル法という法律が出来てから、日本の包装資材もずいぶんと簡素化されてきたと思うのですが。ペットボトル等格段にフニャフニュになってます。
追加
ピンクのお花ですが、日本の桃によく似ています。八重のものですが。しかし、時期が早いですよね、桃だと
すごくきれいですね。お花見できますね。
>もなかさん
ラップは、くっつくように作ってありますから(笑)!くっついているのが、正しい姿なんです、きっと。
ギザギザくらいは、あると思ってたのですけど、ありませんでした。
話はかわりますが、オットsonosonoは、ビネガー味ポテチを選んで、なんだろう、この味?って不思議がってました、自分で選んでおいて。
>rikaさん
あー、なるほど。お年寄りに優しい仕組みですね、日本のラップは。日常使うものは、確かに、優しいデザインがいいです。自分が年とっても、自分で出来るように。
包装というと、そういえば、グリコ・森永事件(あってます?)を思い出しました。あの後、おやつにビニールがかぶるようになったんですよね。
こんばんは!
タイには、旭化成のラップが、タイ人用にも売られているんですよ!
便利です。
私も日本ラップは世界に誇れると思います。日本製で無いラップって袋で無い長いビニール袋・・・といってもいいほどくかいにくいですよね・
この記事トラックバックさせてくださいませ。
アイデア、有難うございました!
>ママチットロムさん
旭化成あるんですか?うらやましいです。
旭化成、ここまで、がんばって進出してきてほしいです!!本当に、透明ビニールをむしってる、って感じです。ふうっ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/138-b6f82881

ラップは困るYOO

今日は主婦らしく ラップの話題。ひさびさ登場、DJ CHALIO!そっちじゃありません! o(`ε´)oそうでなくて、食品ラップの話題です。さっそくsonosonoといっしょの「スローな開封」をチェケ!社長
  • [2007/02/25 06:24]
  • URL |
  • つれづれなるモナカ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。