スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイチャーにも「Aruaru」 

夕方、お天気サイトを見ると、
「マンチェスター10℃、雨の可能性」と書いてありました。
日々、こんな予報と、くるくる変わる天気を見ていたら、
生きていれば、いろんなことがあるわよねえって思えてきます。
そして、日本の梅雨明け宣言なども、
「梅雨明けの可能性」ぐらいでよいので
復活していただきたいなあ、と思うのでありました。

昨日ものせた花、八重の桃(似)だと教えていただいたので
あらためて、お花見してきました。
20070223204026.jpg

さて、なぜか、日本から遠く離れた英国で、
納豆苦手克服キャンペーン中の私なのですが
(他に、蛋白源はたくさんあるのにねえ・・・)

年末年始の一時帰国中に、納豆を食べたら痩せる!!という
番組をちらっ、と眺めました。
私の実家では、納豆を食べる習慣はないので、
両親にも、全く興味をひかれず、納豆が出た瞬間に
チャンネルはかえられてしまったのですけれど。

こちらに戻ってから、日本では、そりゃもう大騒ぎ。
捏造だ、ということで。
ん~、食べて痩せるなんて、毒でもあるまいし・・・と思いつつ

でも、若い女性の痩せなきゃ!という切迫感も知っていますし
メタボリックシンドロームが有名になって、
「メタボ」などと略されている日本で、若くなくても、女性でなくても
痩せたい!しかも、できれば、楽に・・・という気持ちも分かります。
いや、むしろ、分かりやすい。

そういう、私も、ここ2年間、減量作戦中ですから。
(納豆ダイエットではなくて、万歩計ダイエットです)


結局、その番組は、データーを捏造していた、ということで
その後、大きく報道されていますが・・・

(レンガの上の、小さな芽)
20070223204048.jpg


私が、驚いたのは、2月21日版のネイチャーオンラインで
Japanese TV show admits faking scienceという記事が出ていたことです。

これは、すごいです。

20070223204038.jpg

ネイチャーというのは、週間の英国科学雑誌のこと。
こう書いてしまうと、なんだか軽い感じですけれども、
世界でも権威ある総合学術雑誌なのです。
おそらく、理系の学者なら、知らないものは、いないはずです。


最近、有名なところでは、クローン羊ドリーが発表されたのが
ネイチャーです。
(ちょうど、今、ネイチャーオンラインのトップに、
ドリーから10年、という記事がありました。
参考までに、ネイチャージャパンのサイトのリンクも。)

研究者にしか興味はないことだと思うのですけれど、
インパクトファクター」といって、研究界における、
雑誌の影響度をあらわす指標があります。

おおざっぱにいうと、その雑誌にのっている論文が
ある認められた学術雑誌たちの中で、どれだけ引用されているか、
というデーターをもとに、決められた計算式で、数字が出されます。
どれだけ、その1年間に研究者に参考にされているか、という指標です。

研究者としては、自分の研究を、なるべく、よい雑誌に出したい!
と思うものなのですが、
論文がのった雑誌のインパクトファクターの合計で研究者の価値を測る、
という、
正しいのか、正しくないのか、よく分からない方法で評価される
なんてことが、私の身近でもおこったりしていて
実に、悩ましいインパクトファクターなのです。
(ちなみに、インパクトファクターを発表する会社では、
それは正しくない、という意見です)


このインパクトファクターの1位、2位を常にあらそっているのが、
英国雑誌ネイチャー、米国雑誌サイエンス。

(週刊誌ですから、この2誌には、論文もたくさん発表されていますし
各分野にまたがっているので、引用されやすいのは確かですが、
この2誌に論文をのせると、賞賛の目をなげかけられます。
このほかに、各研究分野で、しっかりした、「しぶい」月刊誌もあって、
そういう雑誌に論文を発表した方などは、とっても尊敬されます。)


話をもどすと、この、権威ある雑誌のオンライン版ニュースに
「Aruaru」番組が、その捏造報道とともに紹介されています。
糸をひいた納豆の写真と
(ネイチャーの説明によると、大豆を発酵させた刺激的な一品)
レタスを食べて30分後寝たことにされた、ねずみさんも登場。


こんなことで、有名になってしまって、
おもしろいけど、やっぱり、恥ずかしいような・・・と思う私でした。


教会の庭には、こんな花もさいていました。
20070223204058.jpg









sonosono便り
万俵ドラマ第6回を見ましたが、鯉の「将軍」が出てきませんでした。残念。
欣也さんの頭の傷が気になって仕方なくて、
綺麗になおったねえ、よかったねえ、と喜んでいましたが、
ドラマの中では、そんなことは、どうでもよかったようです。

今日帰宅時のsonosonoは、ほとんどけむくなかったような・・・
でも、ちょっとけむいような・・・
さて、週末、sonosonoはタバコを我慢できるでしょうか?
結果は、週明けに!





↑禁煙だ!やっぱり、禁煙復活だよ、sonosono♪クリック募集中。





コメントもお待ちしております。

コメント

ネイチャーの話、僕も読みました。なんか情けないと思う半面、たかがバラエティ番組じゃんという気も。癌が直るとかうたっている怪し気な健康雑誌は日本にも沢山ありますが、やはりテレビの影響力を考慮したんでしょうか。
以前、知り合いの論文がネイチャーに出たんですが、記者会見なんてあって大変だったそうです。
納豆騒動の時は本当に暫くスーパーに置いてなかったんですよ、納豆!!
小松菜は子供の頃から"納豆のない毎日なんて考えられないっ"と、云う食生活を送っているので、それで痩せるってどうなの?と思っていましたが…


>LiLA管理人さん
そうです、そうなんです。新聞の下の方にのっている、「医学博士」が書いたとされるトンデモ本の広告は、どうにかならないか、と思います。
今回のネイチャーは、LiLA管理人さんのおっしゃるように、自分でわざわざアクセスしなくても、どんどん押し寄せてくる「情報」の影響を考えたのだとは思いますが・・・面白い記事みちゃった、と思いました(納豆といっしょに、MINO写真も載ってたら、もっと面白かったかも)。面白いけど、情けないという、実に興味深い記事でした。
こういうのは、サイエンスっぽいと思っていたのですが、捏造ラボ問題などもあり、ネイチャーが過敏になっているということでしょうか?と、思ったりしています。あぁ、でも、ネッシー載せたのはネイチャーでしたっけ・・・
それにしても、ネイチャーに論文載せたというのは、旬の人、って感じでいいですよね。後輩さん、いいお仕事されたんですね。
>小松菜親分さん
あぁ、そうか!納豆をあまり食べていなかった人が、たくさん納豆を買いに走ったので、納豆がなくなっちゃったんですね。納豆食べている人は、知ってますものね。納豆で痩せるかどうかを。
そうすると、あの事件については、納豆好きな人たちが、一番、迷惑!って思ったのですね、なるほど。
AruMinoに出た食品を、まんべんなく順繰りに食べてれば、別に問題ないと思うのですけれど・・・やはり、皆、食べやすいものに集中されます。
ココアとか、みかんとか、アイソトニック飲料とか・・・となると、むむむ、納豆も食べやすいって事ですか。というのが、Aruaru放送前から、納豆克服キャンペーン中の私の感想です。単に、負けず嫌いなだけですが、納豆と勝負してどうする、という話も・・・
納豆
なっとう、本当に大変なことになってました。こちらは西日本のためそう死活問題でもないんですけどね。
でも、こういうことって昔からあって、以前わたくしの勤めていた健康食品の会社では”ペイドパブリシティ”とよんでました。
さて、桃の花(だと思う)のアップありがとうございました。花ざかりーの一語につきますね。もうすぐお雛様ですし。黄色いお花は豆の花(スイトピーの花)みたいな形でしたか?ちょうちょうとか?だったら、エニシダではないでしょうか?ちょっと早いですけど。今年は季節の先取り先取りで本当は4月の頃のお花がもう咲いたりしています。
>rikaさん
”ペイドパブリシティ”?
カタカナ言葉を覚えると、なんだか賢くなった気分に。
黄色いのは、スイートピーのでっかいのみたいな形でした。あれがエニシダですか!もう一回見てきます。勉強になるな~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/139-416babe1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。