スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHS、どうなんでしょう? 

午後からは、晴れました。
午後8時過ぎでも、まだまだ明るい屋外。
こちらは、午後8時すぎの空です。
20070510201429.jpg



いつまでたっても明るいですし、
眠りを妨げるほど、夜が明けるのが早い・・・


さらに、緯度の高い国では
どうなっているのでしょう?

また、南半球は
これから、冬へ向かう、という
逆の気候。

本当に、なんだか不思議な感覚です。
20070510201438.jpg




さて、

NHS(National Health Service)サービスは、
1年未満の滞在でも問題なく受けられる、
というお話をいただき、
さらにネット上の情報を集めてみました。



公式な見解という点で、
在英国日本国大使館の情報を参照すると

・・・・・以下、引用・・・・・

我々日本人など外人は
居住地域の家庭医(以下 GP : General Practitioner )に
次の条件でNHSに加入した後、無料で診察が受けられます。

1)治療時にすでに1年以上英国に滞在している者
2)永住目的で入国した者
3)英国の社会保険( National Insurance) に加入している者
4)学生でも一年以上のコースに在籍している者


・・・・・引用、終わり・・・・・


というわけで、
まだ、1年も英国に滞在しておらず、
永住目的で入国したわけでもない
 (1年間の労働許可をもつオットに帯同して入国したツマ)
英国社会保険にも加入していない
学生でもない者

なので、私の場合、
この条件に該当していません。



しかし、さらに、検索してみると
例外的に、visiterとして登録が認められることがある、
という記述も見ましたので、
問い合わせてみると、
サービス利用可能なのかもしれません。


また、緊急時は利用可能、という記載もありました。

1980年代後半には、
旅行者であっても、NHSサービスが利用でき、
無料で治療が受けられたそうなのですが、
財源の削減にともない、
利用条件は厳しくなっているようです。


いずれにしても、
渡英前に不安があったので、
オットの却下を、さらに却下して、
プライベートの保険に、私、加入してはいます。

もちろん、
利用せずにすむのが、
一番なのですけれど・・・



(追記)
英国Department of Healthのサイトに
Under the current Regulations, anyone who is engaging in employment with an employer who has his principle place of business in the UK, or who is a self-employed person whose principle place of business is in the UK is fully exempt from National Health Service (NHS) hospital charges in England. This exemption applies to your spouse, civil partner and children (under the age of 16 or 19 if in further education) if they are living with you in the UK on a permanent basis.
という記載があるそうです。





↑「え?滞在許可、7月までじゃないの?
  どうやって、延長するの?」
 と、言っています。
 いや、前から、そう言っていましたし。
 そもそも、労働許可ないと、延長できないでしょう。
 むむむ・・・手ごわいです。





コメントもお待ちしております。

コメント

旦那さんがワーク・パーミットを持っている場合、配偶者や家族も無料で医療が受けられると思うのですが。(だって、家族を阻害する訳にはいかないからね。)

確か(少なくとも数年前までは)、夫婦の一人がワーク・パーミットを持っていれば、配偶者にも同じ権利と条件が与えられいるはず。つまり、夫がワーク・パーミットを持っていれば、妻もイギリスで働けたはずだし。

それに、ロンドンに住んでいれば、日系の医療施設にすぐに行くことができるし、日本からの海外医療保険もキャシュ・レスで適用されるので、GPなしでも大丈夫だと思うけど。ただ、マンチェスターには、日系の医療施設がないから、地元のGPや病院に行くことになると思うし。ぜひ、問い合わせてみて。

そうそう、ご主人は駐在員でイギリスにきていらっしゃる?駐在員であれば、会社に社員の福利厚生を扱う秘書がいて、いろんな手続きを手配してくれるし、情報も提供してくれると思います。
社会保障制度は国によってまちまちですね。
勉強になりました。日本でも高額医療の払戻しとかほんとに手続きがめんどうです。
さて、金鎖ですが昨日調べてみました。毒のあるのは種子だそうです。さわっても大丈夫!!
昨日、スイセンとニラを間違って食べて食中毒という話がのニュースでありました。ちょっと有り得ないなあーとは思うものの、きれいなばかりじゃなくてスイセンもアルカロイド系の毒を含んでます。気おつけなきゃ!!
>kobutaさん
個々が期待することと、役所の決まりごととは、
乖離している場合がありますので、何か、記載文書が見つかるとよい、
と考えています。
問い合わせても、担当者によって回答が異なる、
ということも大いに考えらるかと・・・
こちらには、個人で来ているので、私が色々手配するしかありませんので、
悩ましいところです。
ありがとうございました。
>rikaさん
慣れない事は、本当に大変です。

あぁ、触っても大丈夫なんですね!安心しました。
そういわれてみれば、食べると毒になる花、
色々ありましたね。
水仙とニラですか・・・
水仙ってどんな味がするのでしょう?
NHS
基本的なHuman Rightsの側面を考慮すると、ワーク・パーミットのDependantsとして合法で入国を許されたものは、NHSの基本的なサービスを受けることができるはずだよ。

一番確実なのは、在英国日本国大使館の情報ではなく、
イギリスのDH(Department of Health)の公式サイトを参照するといかがですか。確か、Policy &Guidanceの項目に、外国人(移民)のセクションがあったと思う。


http://www.dh.gov.uk/en/Policyandguidance/International/OverseasVisitors/Browsable/DH_074381

参考までに私がリサーチしたところ:

Under the current Regulations, anyone who is engaging in employment with an employer who has his principle place of business in the UK, or who is a self-employed person whose principle place of business is in the UK is fully exempt from National Health Service (NHS) hospital charges in England. This exemption applies to your spouse, civil partner and children (under the age of 16 or 19 if in further education) if they are living with you in the UK on a permanent basis.

という解答が出てきましたよ。


>kobutaさん
そうかな。
必ずしも、権利が保証されるとはかぎらないこともあると、私は、思うのでね。
ともあれ、情報、ありがとう。
英国DHサイトに記載があってよかったよ。
という、気持ちです。
イギリス
どういたしまして。

>そうかな。
必ずしも、権利が保証されるとはかぎらないこともあると、私は、思うのでね。

まりさんってすごく疑い深く考える人だなあって思いました。イギリスに来て、いろいろと嫌なことがあったの?

何はともあれ、HDのサイトにも書いてあることだし、地元のGPに登録できるよ。もし「ダメだ!」なんていわれたら、「HDの公式サイトに以下のように書いてあるよ!私にも権利があるので、何とかしてよね!」と強く出ればいいし。

そうそう、私はマンチェスター大学の大学院で勉強したので、マンチェスターにいろいろ思い出があります。マンチェスターの人はロンドンや南部の人に比べて、人間が穏やかで、親しみやすく親切だよ。私もいろいろと面倒身のいい人に助けてもらったし。(情報もいっぱい提供してもらった)それに、マンチェスターには日本人学校や日本人コミュニティもあるし、日本人間の協力体制もバッチシだしね。
私はマンチェスターでは、嫌な思いをすることはほとんどなかったなあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/198-abc5cd4d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。