スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブできるといいけれど 

晴れたり、土砂降りだったり
変わりやすい、これぞ英国、という天気の一日でした。
20070512231206.jpg

少し先にきれる査証がどうなるか、とか
ミラノ本当に行くのか、とか(そしていつ?)
その前に、以前から招待されていたアイルランド旅行どうするか、とか
とにかく、私、いったん日本に帰りますけれど、とか
様々な疑問が、次々と積み重なっていく、今日このごろ。

当の本人は、
「ボク、知らなかったよ」
と、述べています。


さて、こんな状況の英国に、
オットの友人が訪ねてくることが、
以前から、確定していました。

なんでも、湖水地方にも足をのばしたいとのこと。

ともに、小旅行へ出かける予定になったのですが、
そこからが、長い。

ホテルをとる気になったのが、昨日。
湖水地方への移動手段を、「どうしよう」と
悩み始めたのも同時期。


鉄道でも動けますが、
ベストは自家用車とアドバイスしたところ、
今朝、起きだしてから、
「レンタカーって、どこで借りるんだろう?
 今日、ドライブの練習しとかなきゃ」
うむむ・・・
なぜ、前もって自分で調べられない・・・


紆余曲折をへて、
空港のレンタカーオフィスへ誘導し、
ようやく、借りることが出来ました。


ところが、
第一の関門。

エンジンが掛かりません。


FIATTのコンパクトカーなのですが、
外車(=日本車以外)は、エンジンの掛け方が違うのか?
と悩むオット。

結局、ちょうどそこにいた、警備員のおじさんに
助けを求めました。

ひねるだけだよ、僕には他に分からないさ
と言うおじさんに、にっこり笑いかけ
「イタリア車はじめてで・・・鍵が回らないの・・・」
と運転席に押し込んで、試してもらいました。

結果、
ハンドルロックが原因。
・・・なるほど。それは、日本車も同じです。
と納得し、出発。


第二関門。
途中のパーキングで
オットキレル。

バックしたいのに、ギアがバックに入らない、
と言って、果敢にギアノブをバック方向に
たたく、たたく、たたく・・・
20070512231227.jpg



車の説明書も搭載されておらず、
むむむ・・・と私、少し考えましたが、
ヒントはこちら。
20070512231236.jpg

この持ち手の下にある部分、
これを、上に少し引き上げると
あら、不思議。
バックポジションまでギアが入るようになります。



どこか、車でいける楽しいとこどこ?
  ・・・それを聞いてくるのが、君の役目。
空港から街まで、どうやって行くの?
  ・・・なぜ、車に乗る前に、道順を調べない?
道順完璧に分かった?
  ・・・無理でしょう。条件は君といっしょ。
あー、60っていわれたのに、62にはいっちゃった
(いずれも、道の番号のことです)
  ・・・次のジャンクションで引き返そう。
あー、別の道にはいっちゃった
ここ、どこー
  ・・・もう、manchester市の地図から遠く離れちゃったから、
     地図に載ってません。
     

という会話を繰り返しつつ、
とりあえず、たっぷり練習して、帰宅しました。

さ来週、ちゃんと湖水地方、たどりつけると良いのですけれど。









↑アイルランドは、私の一人旅になりそうです。





コメントもお待ちしております。

コメント

う~む
なかなか冒険心あふれるドライブ旅行になりそうですね。
我が家では、3年前に車を買い替えた時、泣く泣く高いナビを付けました。
なぜなら、ドライブに行って道に迷い、これ以上、夫婦喧嘩をしたくなかったからです。
日本のレンタカーはナビ搭載が標準みたいですけど、
英国は違うのですか。
もう少し、テストドライブを楽しむ時間は無いのですか。
楽しい報告をお待ちしてます!
湖水地方とドライビング
湖水地方はとっても素敵です。私も大好きです。日本人に大人気の観光地みたいね。日本からいらっしゃるお友達も、きっと喜ばれると思います。

電車やバスなどの公共の交通機関でも行けるけど、車があった方が絶対便利です。多くの観光スポットは駅から離れたところにあるし、バスもあまり頻繁には出ていなし。

イギリスのドライブ、日本と同じで左側を運転するし、交通のルールも、日本とほとんど同じ。でも一つだけ厄介なのは、「ラウンド・アバウト」っていうもの。円が一重ならまだしも、二重だったりして、慣れるまでが結構大変かも。(詳しくはHighway Codesという本の参考にしてください。)

後、イギリスってほとんどの車がマニュアルだよね。(それ故、オートマ車に慣れている日本人には、少し不便かも)オートマはあるにはあるのですが、特別注文みたいな感じだしね。

そうそう、日本では定番のナビはイギリスでも最近いろいろと店に出はじめたよね。(TOM-TOMとかいう名前で売ってるし)。我が家でもナビを購入することを検討中です。

Have a good time in The Lake Districts!
僕も最初にドイツでレンタカーを借りたときは,バックギアの入れ方で悩みました.昨年使ったレンタカーはディーゼルで,ダッシュボードのボタンを押してエンジンをかけるというものでした.そういえばどちらもFIATでしたね.
ご旅行,安全運転で楽しんできてください.
>翔太ママさん
こちらのレンタカーは、ナビ搭載はスペシャルです!
日本は普通に付いてますよね。しかも、高機能です。
ドライバーvsナビゲーターの戦いは仁義なき戦いに陥りがちですから、ナビを購入された、とのお話。何度も、うんうん・・・とうなづいてしまいます。
怒っても、事態は元にもどらないので、困ったね~、何処にいるんだろうね~、と一緒に困ることにしています。
楽しいか、聞いて面白いか、どちらかのご報告が出来たら・・・と思っています。
ご期待に添えると良いのですけれど。
>kobutaさん
昨日のお返事も一緒に。
どこの国でも、様々なことがあると思います。
元マンチェスター在住の方でしたか!
さて、我がオットは、どうも日本人コミュニティーから孤立しているようです。
それなりに、楽しそうですから、良いのですが。

湖水地方、まだ行ったことがないので、楽しみです。
米国では逆走になるので、本当に、運転が怖かったです。その点、英国は少し楽だと感じています。(道を歩くのも)
レンタカーオフィスにもナビの広告が出始めていました。高機能のナビあると楽だと思います。
>LiLA管理人さん
あ!
私も、ダッシュボードのボタンも色々試しました!!
それでもダメだったので、ノブに注目して、ようやく解決にいたった次第です。
説明書あればいいのに・・・と思いました、ホント。
次回ドライブ時は、道は湖水地方のみに、通じていることを、心底、祈ります。
が、トホホな報告になるかもしれません。
(それを期待しているというお話は、却下です。)
ピーター
mariさん、湖水ちほうですか?rikaも一緒にいきたいなー
本場のピーターに会えるはず!!
あっ、日本ではイノシッシーに注意とかたぬきに注意の看板が道路にありますが、そちらでもあるんでしょうか?
sonosonoさん安全運転でね。
無事にたどりつけますように・・・・
>rikaさん
無事、ピーターに会えるとよいのですが。
羊や牛は、普通にわらわら高速道路の脇の農地(?)に群れていますが、いまのところ、いのしっしー看板は見たことがありません。でも、野生動物、いそうですよね、たくさん。
そういえば、高野山あたりに旅行に出かけたとき、鹿看板みました。六甲山はいのしっしー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/199-00f5c6ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。