スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業革命の頃 

天が晴れると、気持ちも晴れるのは良いのですが、
夜なのに、夜じゃない時間が長くて、
明るくて眠りが浅く・・・
結果、昼寝をしてしまった、本日です。
好きで、暇やっているわけではないので、
許してください。
20070519184448.jpg

イギリスでおこった産業革命。
ここ、マンチェスターは、その舞台の中心地でした。

発達した産業、
そして、そこへ職をもとめて集まる人々。

マンチェスターの人口は
1760年3万人、1861年46万人。
なんと、100年間で15倍も増加しました。

人口が、急激に集中した結果、
都市には、様々な社会問題が生まれます。


その様子が、
マンチェスターの科学工業博物館で再現されており、
当時の労働者の暮らしぶりを、うかがい知ることが出来ます。


暗い地下の狭い部屋、
交代制の勤務にあわせて、昼と夜、二人で使う一つのベッド、
上下水道も整備されず、
道路は汚水にまみれ、
ペストなどの病が流行しました。

犯罪も増え、
歴史上、初のスラム街が出現した場所の一つが、
マンチェスターなのだそうです。

20070519184503.jpg




このような環境の中、
当然、乳幼児死亡率が上昇し、
全体としての平均寿命は、驚くほど短いものです。



19世紀半ばの記録で残っているなかに

農村地帯ラトランド州
  富裕層52歳、農民・商人層41歳、労働者層38歳。

新興工業都市リヴァプール
  富裕層35歳、農民・商人層22歳、労働者層15歳。

というものがありました。

どの身分でも、
農村地帯住民の方が、都市住民より長命です。
当時の工業都市の環境が
いかに、劣悪であったかが想像されます。




リヴァプールもマンチェスターも、
現在、再開発がすすめられているさなかです。









↑当時の平均寿命を知り、本当に驚いて、
 こんな話を書こうと思っていたのに、
 ギャスケル違いで、あんな話に。




コメントもお待ちしております。

コメント

中学や高校の頃、産業革命の辺りの世界史が大好きでしたが、そんな歴史もあったのですね。
いつの世も人間が新しいことを始めると、あまり環境によろしくないことになるのが常ですね。


マンチェスター
Manchesterは産業革命後の紡績業で栄えた都市だから、Manchesterの街並みをみても、建物などからその影響がよく分かるよね。(紡績業で成功した大富豪達が、大きい、威厳のある建物を建てたのが理解できる。)

そうそう、北ManchesterのSALFORDに行くと、Manchester出身の画家L.S.LowryのMuseumがあります。彼は、1800年代末から前世紀(1900年代)初期の労働者階級の人々の生活を詳しく描いた画家として有名です。

「ゆりかごから墓場まで」で有名なイギリスの福祉。今では、医療や教育福祉のサービスはすべて無料だけど、そこまでたどり着くまで、いろいろと道のりがあったみたいだね。そういえば昔、ディキンズの「オリバー・ツイスト」っていう本を読んだけど、その本の中でも、ビクトリア時代の劣悪な条件のもとで働く子ども達のことが書かれていたなあ。

そうそう、マンチェスターは、ここ最近、サッカーのマンチェスター・ユナイテッドとかも有名で、とてもおしゃれな街ですよね。数年前のCommonwealthのスポーツ・フェスティバル以降、どんどん開発が進んでいるようだし。大企業もたくさん進出して、地価や不動産もドンドン上がっているみたいだしね。
赤い方はフクシア
労働者層平均寿命15歳!!
15歳といえば今の時代ではほんの子どもですよね?
就職する年齢が低かったとはいえ、過酷さがわかりますね

>もなかさん
そう、言われると、確かに、そうなのです・・・
急な変化は、思いもよらぬ結果をもたらします。
そうなんですよねぇ・・・

でも、ホント、驚きました。
こんなに命に関わる変化だったとは、知りませんでした。
学校で、習わなかったですよね・・・
>kobutaさん
不動産の価格はうなぎのぼり、のようです。
私には縁のないお話ですけれど。
紡績工場での、子どもや女性の労働災害の話、
産業革命で、家庭のありかたが変わった話、
色々、興味深いところです。
>rikaさん
おー、これが、あの色の名前、フクシアのもとですか。
なるほど。
どれだけ乳幼児が、たくさん亡くなっていったか・・・
そして、お金持ちの大人でさえ、寿命は短い。
驚きます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/205-4d4f4230

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。