スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳内ぐるぐる 

今日は、快晴!
夜9時すぎても、まだ明るい英国です。
20070521212627.jpg

昨日は、ゆっくり休み、
ついでに、ここの更新もお休み。

というのも・・・

タイトルどおり、
脳内を、同じメロディーが、ずっと
ぐるぐる回っていて、
文章を書くどころでは・・・

で、一晩ねかせてみましたが、
いまだ、回っています。

名曲
「猫ふんじゃった」。


20070521212754.jpg



♪猫ふんじゃった、猫ふんじゃった

さて、
その続きの歌詞は???


全く、記憶にございません。

そもそも、この曲、
オバカにされながらも、
必ず誰もが弾いてみる曲だと思うのですけれど、
楽譜見たことない気が・・・

誰かが弾いているのを
見よう見まねで、
コピーしたような気がします。


音から楽譜を考えてみると、
ほとんどが黒鍵ですし、
とても、
誰もが弾けるような楽譜には、なりません。
(♭や♯付きになるので、一見、敷居が高そう)

でも、多くの人に愛されている曲。

どうも、世界各国で弾かれていて、
国によって、タイトルが
猫が、犬になったり、蚤になったり
のようです。



あぁ、それにしても、歌詞が・・・









↑いまだ、猫ふんじゃったが、脳内ぐるぐる。
 しかし、猫、踏まれたら、怒ってるはずですよね。
 続き、どうなっているんでしょう?




コメントもお待ちしております。

コメント

ねこふんじゃーふんじーゃふんじゃった!
ではなかったでしょうか?
踏んだら確実に怒られますよね。たぶん逃げられて踏めないですね、わたし・・・・
ねこ,ふんづけちゃったら,ひっかいた
じゃなかったっけ.

今まで,イギリス人,アメリカ人,オランダ人の子供がこれを弾いてるのを聞いた事があります.いや実際,うちのピアノで遊んでたんですが.
ネコ踏んじゃった、ネコ踏んじゃった。
ネコ踏んづけたら、引っかいた。
ネコ引っかいた、ネコ引っかいた。
ネコ引っかいたら、???
悪い~、ネコめ~、ツメを切れ~♪
ていう感じだと思うのですが・・
以外と憶えてないですね。
昔、ピアノをガチャガチャと弾きながら、
大声で歌って叱られたのは憶えているのですが・・
ネコが犬や蚤になるとは知りませんでした。
まり様、ご無沙汰でっす ぶるをたいづみでする

しかし、なぜこの曲が?ぐるぐる?
猫ふんじゃったと言えば幼稚園の頃、
オルガン弾いて 歌ったなあ(遠い目)遥か昔。。。
憶えてるのは、こんな感じです

猫ふんじゃった 猫踏んじゃった 
猫踏んづけちゃったら泣いちゃった 
猫泣いちゃった 猫泣いちゃった
猫踏んづけちゃったら泣いちゃった
ごろにゃーご ごろにゃーご ???

声の低い乙女だった わたくし 
ここから先は、音程が高くて声がでず
裏声(ファルセット?)で、
ふ、ふんふんふん♪ って唄っていますた
ですので、歌詞知らず どうなるのかしら
猫ちゃん。。。

そんなこんなで、ネットをうろうろしていたら
ありました 
日本では丘灯士夫さんと阪田寛夫さん作詞の二つが、よく歌われているらしく、歌詞探したら あったデス
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/00_songs.html
こんなんだったかなあ。。。ふうむ
>rikaさん
ふとした瞬間に、踏んでしまうことはあっても、
踏もうと思ったら、踏めなさそうな。
どう考えても、絶対、オコラレマス。
それは、そうですねぇ。
>LiLA管理人さん
おー、本当に、世界各国で弾かれているのですね。
感動です!
タイトルは何だと、こどもたち、言ってましたでしょうか?
ひっかいた、の次が!!!
また、気になるところ。
>翔太ママさん
おぉ!
猫の爪を切るお話に!!
でも、切っても、引っ掛かれたら痛そうですね・・・
なんて。
憶えてないですよね、なかなか。
メロディーは憶えていますが、でも、下手をすると、
えんえんと、リピート&リピート&リピートで弾いていたりして。
>いづみさん
おー、ありがとうございます!
2種類あるんですね。
翔太ママさんヴァージョンは、ひげまでそられちゃって・・・
かわいそうに。
しかも、
グッバイバイ♪

ふふふ・・・
それにしても、
憶えてない歌詞は、ふんふんふ~ん♪が
どなたも、基本ですね。
いっしょだ♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/206-85e6dc5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。