スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湖水地方~その2 

5月も終わりですが、
涼しいままの英国です。
日本だったら、クーラーが入り始める
もしくは、除湿を入れ始める時期だと思うのですけれど。
20070529214541.jpg

湖水地方といっても、実は、場所は広大です。

我々は、18世紀からリゾート地として発展してきたという
Bownessの街に宿をとりました。
ウィンダミア湖のほとりで、
その湖のフェリー発着所がすぐ隣にある、
Lake side viewを誇るホテル、Belsfieldです。

ホテルの建物をぬけ、
湖側へ出てみると、
確かに、すばらしい眺め。

湖に面した庭も、広い、素敵なものです。

こちらが、ホテルの庭から眺められる、ウィンダミア湖。
20070529214600.jpg


建物は、古い!
しかし、「古い」のは、英国では褒め言葉。

なかでも感動したのは、こちらのリフトです。
リフト=エレベーターですが・・・
20070529214550.jpg

この、鉄格子を手であけ、
中に入り、
再び、鉄格子を手で閉め・・・
すると、リフトが移動します。
自分が、おりた後、
きちんと鉄格子を閉めないと、
リフトは、他の階に移動してくれない雰囲気。

こんなの、映画でしか見たことない・・・という代物。
さすが、英国。


さて、こちらが、湖側に設置されたホテルのレストランからの
午後8時前の天。
20070530203343.jpg


食事のサービスもゆっくりで・・・
9時過ぎてもまだメイン料理を食べていました。
そして、食事が終わった後、庭にでて、ゆっくりとお茶を。
9時過ぎの夕焼けです。
20070530203349.jpg










↑食事の味は、聞かないほうが吉。
 甘いか、塩辛いか、酸っぱいか。
 きっぱりしているとだけ、言っておきましょう。





コメントもお待ちしております。

コメント

やっぱり、絵に描いたみたいにきれいなのね~
うらやましいです!!なにはともあれ仲良しで到着でよかったですね?
日本の観光地のホテルはご飯もおいしくてというふうですけど、そちらはキッパリした味ですか?(繊細さは期待できないということ?)
びっくりしたのはエレベーターです。日本では最近エレベータの事故が多くてそんなに古い物はとっくに使用禁止になってそうです。エレベータの横に首ナシの人がっ!と思ったらマネキンですか?
湖水地方
そうそう、湖水地方って、7月でも、朝や夜は冷え込むので、ホテルの暖炉に火が入っていることがあります。

でも、このホテルのリフト思いっきり古そう。(多分ホテルのリフトだから、メインテナンスはしてあると思うけど。)

イギリス人は特に家や建物は古いものが大好きです。キャラクター・プロパティっていって、新築よりも人気があるし。数も限られているので値段も新築より高いなんてこともよくあるし。
素敵な景色に素敵なホテルですね。
ポワロが出てきそうです。
なのに、お料理はきっぱりですか・・
>rikaさん
そう、本当に美しい場所でした。
改めて、写真で見ても、驚きます。
そうそう、3大味がきっぱりです。余談ですが、日本でいうところの、ポテトチップス・・・これも、塩以外に、ビネガー味があります。イギリス人、酢好きらしいです。
リフトの横は、商品展示のマネキンさんです。
ミステリー小説じゃないです。大丈夫、大丈夫。
>kobutaさん
本当に、古いものが価値あり、なのは驚きました。
古いもの、素敵ですけれど。
このリフトは、かなり感動。便利でも、早くもありませんが、ただただ、感動です。
>翔太ママさん
えぇ、きっぱり!です!!
おそらく、自分で、こう・・・調味料をふったり、副菜と混ぜ混ぜしたり・・・と工夫があるのでしょうが、日本人なので、分かりません!
よって、きっぱり!!なのでした。
古いホテルだけに・・・きっぱり度がしっかりしているような・・・
でも、雰囲気、本当に素敵です。雰囲気も調味料ですから!それを考えると、充分素敵な晩餐でした。
(きっぱりでしたけどね♪)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/213-c0c58293

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。