スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ~その3 

ネットが繋がったり、繋がらなかったり・・・
でも、繋がらなければ、繋がらないで
まぁ、よいか、そんな日もある、
と、のんびり暮らしています。
少し、咳、良くなりました。
20070614192314.jpg

さて、ネットが繋がっているうちに、
そして、私が記憶しているうちに、
今日のご報告を。


本日、私一人で出かけた目的地はこちら。
20070614192545.jpg

貫禄のある建物なのですが、
実は、これは病院です。

本当に、不思議なご縁で、
イタリアの公立病院を見学する機会に恵まれました。

こちらの写真が、救急の入り口。
これは、日本で見る風景と、そう変わりません。
20070614192555.jpg



イタリア人の方々から、日本人の私への
英語での伝達ですから、不正確なところもあるかもしれませんが、
イタリアでは、パブリック(公的な)病院とプライベートの病院とに
大きく分けられるそうです。

私に病院見学を世話してくださったドクターは
パブリックの病院とプライベートの病院、両方に勤務。
パブリックの病院は、週2-3日の出勤のみのようで、
本日も、朝、私を皆に紹介して、
そのまま、病院を去っていかれました・・・

日本の場合、
一つの病院に、24時間365日所属し続ける、
というのが、ほとんどですので、
少し、不思議に感じます。


私が見学させていただいたのは、
循環器内科病棟でしたが、
検査の手技や、使う機械、道具などは、
日本で見るものとかわりなし。

ただ、やはり公立病院とのことで・・・
プライベートの病院から、
お金の問題で、
公立病院に紹介、転院してこられた方々がおられました。
イタリア語も英語も話せない、海外からの方々です。



ちょうど1年前に
心臓カテーテル検査の新しい検査室が出来ていて
その立ち上げ時に呼ばれてきた
スペシャリストであるドクターともお話できました。
本当に、カテーテル検査&治療が好きで、
自分が受け持った珍しい症例について、
情熱をもってお話され、
その、ちょっとマニアックなアツイ様子が
なんとも、日本の同部門のスペシャリストの姿とだぶり、
自分が離れてしまっている、日本での仕事を、
切なくも懐かしく思い出しました。


いえ、でもね。
今日、ちょうど、電気的な問題で
病院内での、おおがかりな検査・治療が
すべて急遽中止になったのだそうです。

それでも、おこらず、あせらず・・・
「詳しいことは、まだよく分からないけど、中止になっちゃたんだよ。
 動かないからね。君、残念だったねー」
とのことでした。
すごいな、イタリア。









↑まぁ、動かないものは、あせっても動きません。
 そうよねぇ、そう考えるのよね、と学ぶ毎日です。
 日本人は、いつもシリアスだけどね、
 イタリア人は、ジョークで生きてるんだよ、だそうです。 



コメントもお待ちしております。

コメント

スパム
mariさん、充実した1日でしたね。
ミラノは予定ないとかおしゃってたけれど・・・・
ちゃんと医療機関いってるし。
うえの「あついなー」コメント、コメントスパムっていうのらしいです。rika愛用のaguseさんというホームページで調べたらすごいブラックだそうです。見に行っちゃだめよ。みなさん!!
日本では最近百日咳に罹患する方が多いらしです。
無理しちゃだめですよ。
>rikaさん
本当に、予定は全くなかったのですが、
偶然が重なり、こちらにきてから、
良かったら見学する?というお話をいただきました。
なかなか、楽しい体験でした。

で、ご指摘のコメント消しておきました。
どうも、ありがとうございます♪
まり様、こんばんわ 

ミラノで、同業者の方たちを訪問なさったのですねー
カテーテル検査&治療が好きっていうのが おもしろい
普段聞く事のできない話です
まり様、お仕事に戻りたくなったりしたのでは?

電気的問題で、検査や治療が中止だなんて
さすが、イタリア~ン
お医者さまも、イタリア~ン
患者だったら ちょっと不安~

日本人はシリアスすぎるし
イタリア人は何でもジョークっぽくしちゃう
どっちも極端ですよね。。。
>いづみさん
こんにちは~!英国戻ってきました。
医者も、専門によって、キャラクター分布が違うのが面白いところです。
まぁ、でも、動かないものは動きませんからねー。仕方ない・・・?
お仕事戻りたいです、ホント。
最近は、信頼度がた落ちで、怒られる事ばかりの職業なのですけれどね~。でも、もう切っても切れない、私の大事な部分なのは確かです。早く、取り戻したい!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/223-d4b9c7b8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。