スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルマータ 

今日は、雨。
そして、明日もあさっても、雨の予想です。
もうすぐ夏至・・・
ですが、陽がささなくて、少し残念。
20070608195513.jpg

小さい時にピアノのお稽古など、
音楽をかじったことのある方ならご存知だと思うのですが

Fermata001.png


この記号・・・フェルマータ記号です。
ウンチクについては、こちらをご参照ください。(wikipediaです)

楽譜に書かれている、音符や休符・・・
この、楽譜上の長さを
実際の演奏では、長く時間を取って演奏する、
それを、指示する記号です。

fermataと書きますが、これはイタリア語。
英語でいえば、stopと同義語です。
つまり、停止。


知識として、知ってはいたのですが
実際、自分の耳で聞いて驚きました。


先日、ご紹介したミラノのメトロでの放送。

Fermata Cadorna...
フェルマータ カドルナ(カドルナは駅の名)

と、言っているではありませんか。

カドルナ駅に停車します!!!


聞く度に、
なるほど、「フェルマータ」なのね、
と、ミラノ滞在中、感心しきりでした。









↑ミラノでは、キャミドレス姿でしたが、
 ここ英国では、無理・・・
 まったく、違う国です。世界は広い。 



コメントもお待ちしております。

コメント

まり様、お帰りなさいませ ぶるをたでっす

タイトルが、フェルマータだったので、
???ブログをお休みされるの?かと思いました

フェルマータ、実際に普通に使われる言葉だったの
ですね 不思議。。。
音楽の故郷?はイタリアなのですよね

モデラート カンタービレ 
ゆっくりまいりましょう
まずはおかえりないさいませ.ご旅行,お疲れ様でした.
イタリアに行くと,音楽用語(?)が普通に使われているのがおもしろいですね.PrestoとかSubitoとかpocoとか.
近代の楽曲になると,自国語での指示が多くなりますね.ドイツ語,フランス語等々.
>いづみさん
ただいま!・・・ぶるをた・いづみ様!!
あらら。驚かせてしまいましたか。そんなつもりでは、無かったのですけれど。
知っているイタリア語は音楽用語程度だもので、
どうしても、その知っている言葉が浮き上がって耳に入ってきてしまいます。
そして、それは、なんだか不思議~な感覚。
あぁ、楽譜に書いてあったのは、そういうことなのね・・・と。
ブログは、まだまだ続けますので、よろしくお願いします!
>LiLA管理人さん
ただいま帰ってまいりました。
楽譜に書いてあった言葉は、実際、生きて使われている言葉なのだと実感することが出来て、楽しい思いをしました。
楽譜を読まないオットは、私が何を言っているのか理解できていない様子でしたので、ブログで喋ってみました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/226-3f6a5eca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。