スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハズゴーイング 

sonosonoがすごくお世話になっている同僚A君が、ここ数日職場に顔をみせないそうです。
「どうしたのかなぁ」
  ・・・君が知らないのに、分かるわけないじゃない?
「でも、皆がA君どこって、聞くんだ。」

と言っても、私に聞いたって、知っているわけがありません。
  ・・・秘書さんに、聞けば知っているよ、きっと。聞いた?
「聞いてない。」
  ・・・・・・

というのも、sonosonoは英会話が苦手。会話自体が苦手なのに、さらに、英語なのですから、喋ろうとしません。
さっきも、電話が鳴ったのに、とらずに、ずっと私を待っていました・・・




そんなsonosonoが、職場でA君に、バシッと背中をたたかれながら言われる言葉が
「ハズゴーイング」
なのだそうです。

「Has going?って僕に言うんだよ。他の人にも、よく言ってる。どういう意味だろう?」
  ・・・?それって、文法上ありえないと思うよ。
「でも、Has going?って言うんだもん」



ネイティブスピーカーだとはいっても、言い間違えることはあります。それは、日本人であっても、日本語を間違えることがあるのと同じです。
でも、通常間違えるといっても、例えば、hasをhaveに間違えることはあっても、その逆、haveをhasに間違えることは通常、無いそうなのです。
それは、haveが基本形で、hasがその変化形だからです。変化形を基本形で使ってしまうことはあっても、わざわざ、基本形でつかうべきところを、変化させることは無い、という訳です。

例をあげると・・・
He has a pen. をHe have a pen. と言い間違える事にくらべ、
You have a pen. をYou has a pen. と間違えることはない、ということです。


という訳ですから、A君がsonosonoにHas going?と問いかけることはありえない、と考えるのですけれど・・・

  ・・・それは、How is going?を略してHow's going?と言っているのではないの?
と言うのですけれど、sonosonoは
「Has going?だもん」
と言って、Has going説を引っ込めません。

さて、正解はどうなのでしょう?
私は、Haw's going?説が正しいと思っているのですけれど。


11_2_1530.jpg

昨日の午後3時30分・・・早く、おうち帰らなくっちゃ、って感じに陽光が斜めなのです。





ranking.gif

↑色々なブログが参加しておられる、「人気ブログランキング」に、「sonosonoといっしょ」も登録してみました。
一日一回、ボスッと押していただけると、私が張り切ります♪

おまけ:
そんな同僚A君の口癖は
「disaster!」だそうです。
災難だ!というような感じでしょうか?




<追伸>良かったら、コメント書いてね。喜びます。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/41-e552aa5d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。