スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血糖値のみなおし 

えー、年齢についてコメントいただきましたが・・・

見た目年齢が下で、良かった♪と思ったことは
実は、あまり無いように思います。

お酒売ってもらえないし。

そもそも、今回、
「お嬢さん、なんて若くて美しいっ!」
じゃなくて、
「お嬢ちゃん、お酒は大人になってからね。」
と思われただけですから・・・

仕事でも、あまり利点は感じられず、
いつまでたっても、「なな子みたい!」って、言われるだけだったりします。
胸やら、太ももやら触るおじさんもいたな、そういえば。

はやく、「おしゃれなマダム」になりたい・・・。


さて、
見た目はさておき、誰でも、年齢を経れば、体の代謝は確実に落ちていくものですが・・・
日本糖尿病学会が「空腹時血糖値」基準を見直しているそうです。

現在、110mg/dl以上を「糖尿病予備軍」とするように日本糖尿病学会は基準値を設定していますが、
米国糖尿病学会では2003年に100mg/dl以上を耐糖能異常の基準値とさだめていたはずですし、
国際糖尿病連合も2005年、空腹時の血糖が100mg/dl以上、というのを「メタボリック症候群」の基準として設定しています。
(合ってる?間違っていたら、教えてください)


確かに、空腹時血糖値が100mg/dlを越していれば、
食事と運動習慣の見直しを提案するようにはしていましたが、
日本糖尿病学会できちんと基準値を見直していただたら、ありがたいです、ほんと。


ちょっと高めだから、気をつけたほうが・・・
と言われても、検査結果の標準値をみて、正常範囲内に入っていれば、
たいしたことないさ、って思ってしまいます。

将来、心筋梗塞や脳梗塞に・・・といわれても、自分で検査値をみて、基準範囲なら、真剣に考えられませんわな。
だって、紙に正常範囲内って書いてありますもの。
目の前のごちそうの誘惑のほうが、勝ちます。


日本糖尿病学会、早く、改訂して下さい。
Please!


きらきら研修医 きらきら研修医
織田 うさこ (2006/07/01)
アメーバブックス
この商品の詳細を見る


ブログ界では有名なのだそうですが、
人気のブログ「研修医うさこのどたばた奮闘記」が書籍化され、来シーズンからドラマ化だそうです。
「童顔のSサイズ、ドジでノロマで、どんくさい」26歳の女医さん
織田うさこさんが書いておられます。(整形外科かな?)

「ななこ」も「うさこさん」も、ちびっ子童顔・・・
ひょっとして、ちびっ子童顔って、キャッチーなのかしら。
リアル生活では、あまり、役にたたないのになぁ。





ranking.gif←「人気ブログランキング」に登録しています。

よろしかったら、クリックしていただくと、一日一回カウントされて、私が張り切ります♪

Y市、その他のリアル私を知っているあなた、(もちろん、そうでない方も)
見たよ、ってコメント(またはメール)してくださいね。
さみしがっているので、お便りを是非!



何年たっても、「研修医の先生だのに、しっかりなさって!」と言われ続け・・・
この春、ようやく、
「研修医が終わったばかりなのに、しっかりされてますな!」
と言われました。
「この間、指導の先生と一緒に歩いていたでしょう?」とも・・・
研修医や後輩をいっしょにつれていても、私の相手の方が上司だと、皆、思っていたらしい。



<追伸>良かったら、コメント書いてね。喜びます。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/53-e51a3a53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。