スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の始まり~心臓震盪(心臓しんとう) 

こんばんは&おはようございます。
南半球のサンタは海パンサンタだと信じていたまり(marimari)です。


今日の日のでは8時01分、日の入りは15時54分でした。
クリスマス前の冬至にむけて、まだまだ、日は短くなっていきます。
あまりに運動不足なので、villageをのぞきに行くと、
お魚&ハーブ、野菜のお店で、クリスマスツリーを売っていました。
xmastree.jpg

↑生(なま))の木だから、25日までもたせるには、
この時期に買うのが適当なのでしょう、きっと。

唐突に話が変わるのですが、
皆さんはご記憶でしょうか?

私たちは日本の医療にとって重要な転機だった、と考えているのですが、2002年、高円宮憲仁親王がスカッシュプレイ中に、
心室細動という不整脈で突然死された、という事件がありました。

これをきっかけとして、バイスタンダー(その場に居合わせた人)による心肺蘇生の重要性が広く議論されるようになり、2004年、日本でも一般の方による自動体外式除細動器(AED)の使用が認められるようになりました。

その後も、若い方が、スポーツ中に突然死されたというニュースを
時々見るのですが、この秋のAHA(米国心臓病学会)で、
医学雑誌による厳密な審査がされておらず、
予備的な報告ではあるものの、
サッカーやアイスホッケーなどで使用されている既存の胸部プロテクターを過信しないように、という提言がありました。


スポーツ中などに胸にボールが強くあたり、それが原因で不整脈で突然、心停止する、という現象があり、心臓震盪(心臓しんとう)という名で呼ばれています。
極めて低い確率の事故なのありますが、それを防ぐためにも、ある種のスポーツでは胸部プロテクターを使用することになっています。

しかし、プロテクターをつけていても、特に子供の場合、体格が未発達なためか、胸部打撃による不整脈を起こしやすい傾向にあります。


けれども、心臓しんとうは極めてまれな事故であり、それを理由に、サッカーやホッケーから子供を遠ざける理由にはならない、とも発表者は述べています。


スポーツ中におこるということは、目撃者がいる、ということであり、
大事なことは、そばにいた人(バイスタンダー)がすぐに心肺蘇生をおこなえば、その経過はとても良い、ということです。


心臓マッサージをおこなうだけでも、効果的です。
そして最近、自動体外除細動期(AED)が備え付けられた公共の場が、かなりのスピードで増えてきています。
講習をうけられていれば申し分なしですが、
そうでなくても、AEDの器械が日本語で、やるべきことを分かりやすく教えてくれますので、もし、倒れた方がおられれば、おそれずAEDを取り出し、カバーを開いてみてください。




クリックありがとうございます♪クリックありがとうございます♪ ←「人気ブログランキング」に登録しています。
よろしかったら、クリックしていただくと、
一日一回カウントされて、私が張り切ります。




アドベントカレンダーの1日目を開けると・・・
20061201210114.jpg


小鳥(ロビン=こまどり)が出てきました。
20061201210125.jpg

それでは、皆様、よい週末を!






sonosono便り
今日、帰りは途中まで世話好き同僚A君といっしょだったそうで、
A君にクリスマスマーケット行った?と聞かれたそうです。
A君のお気に入りは、長々ソーセージサンドイッチ(本当の名前は不明)だそうです。
今日は、早く寝て、
明日は、クリスマスマーケットで長々サンドとmulled wine♪




<追伸>良かったら、コメント書いて下さいね。喜びます。

「気合入れて助けたらんかい!」と書かれた(企)チャーリー印AEDあったら、私、きっと買っちゃいます。

コメント

実は・・
告白します、実は私、ダイバー(かなりヘタ)なのです。
なので、先日、スキルアップのため、CPR/AEDの講習を受けました。
思ったより、簡単な操作なんだなというのが、機械オンチの私の感想です。でも、人形相手でも、とてもドキドキしました。現実にそういう場面に出会ったら、正直言って操作する自信はありませんね。
まあ、ダイビングでは安全第一、絶対に無理はしません。(もう少し頑張ってもいいんじゃないのと言われますが・・)

長々ソーセージサンドはおいしかったですか。
昨日、やっとクリスマスリースを飾りました。
(企)チャーリー印AED
はじめまして!きなこさんとこの社長様のところから参りました(笑)
“(企)チャーリー印AED”私も欲しいですv-10
払える金額ならばですけど。。。
社長ご自身がいらっしゃる状況であればそんなものは使わずとも
「はよぉ起きんかいボケ~~!!v-26」の一言で済むと思うんですけどねv-40
私みたいな一般ピーポーにはやはりそれなりに簡単かつ超ハイテクな機器がないと。
あ、あと冷静に対処できるような心臓もv-91
おろおろするだけでできなさそうですもんv-404
だって怖いもんv-406

長くて申し訳ありませんがもう一つ、
smokingとお年頃の女性も読ませていただいたのですが、
そこで思い出したのがちょっと前にTVとか新聞か何かで
喫煙している妊婦のほうが、非喫煙の妊婦さんよりも
産んだ赤ちゃんの肺癌発生率が低い
というのを見た気がするのですがそーゆーこともあるのでしょうか?
吸わないのが一番いいのでしょうが、すでに吸ってしまってる以上はこれから(まだまだ予定はないですが)もし妊娠しても非喫煙の方よりリスクが高いということを覚悟しなくては。ですねv-390
はじめまして!!
わたしもきなこさんとこのページからこちらに初めてお伺いしました。
じつは、私日本の地方都市で行政関係の職場におります。
現在、わが市でも公共施設にAEDの設置および緊急時の応急処置等の講習を行っております。
個人的ですが、我が母も不整脈で何度かデパートで買い物中倒れたことなどあり、わたしも本格的に消防署の講習会に参加しようかと考え中です。
EBUSheBAさんの書かれている妊婦の喫煙云々の記事ですが嘘という発表があったようにおもいますがいかがでしょうか?v-116
長くなってごめんなさい。
もうひとつ付け加えると(父が上皮扁平癌で肺の手術をしたので)喫煙をする父親のいる家庭での母とその子供が肺がんになる確率は非喫煙の家庭より非常に高いそうです。
>machikoさん
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
怖いですよね・・・そんなことがあったら。
(企)チャーリー印AEDはそんなあなたに、活を入れてくれる、素晴しい一品となるでしょう!手始めに、大阪駅に設置、求む。(うそです)

smokingの堅苦しい話まで読んでいただいて、ありがとうございました。少し前の週間ポストの記事ですね、きっと。
それなら、子供時代に家庭で受動喫煙していた大人と、そうでない大人の肺癌になっている率をしらべたものだと思います。もう一度きちんとチェックしてみます。
お体大事にしてくださいね。
>rikaさん
はじめまして。ご訪問、コメント喜んでいます。
おぉ、AEDの輪は着実に広がっていますね。
お母様もお体お大事に。

肺癌と喫煙の話題ですが、私は、とあるドクターのブログで知りました。でも、こんなに日本で話題になっているとは、驚きです。
週間ポストの記事の話でしたら、少し、解釈にトリックがあります。
今、ちょっと書きかけたのですが、長くなっちゃうので、数日中に、分かりやすく書いてみようかと・・・

>翔太ママさん
一度でも、講習をうけると、全然違いますから、心配しなくても、大丈夫だと思います。きっと、全く知らない人ばかりだったら、リーダーになれるくらい。CPR&AEDは開始までの速さが命です♪
いいですねぇ、ダイバーってかっこよい。私は以前、体験ダイビングをした時に、沈まなくて困りました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/68-60d865ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。