スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマ君といっしょ 

昨日は、月に一度の窓掃除日。
20061215160659.jpg

おじさんが、あの青いタンクを背負ってお仕事されるのですが、お昼なので、休憩中なのです。

以前にも掲載したのですが、
こちらは、sonosonoが中華系スーパーから購入してくる緑色の大根、
green muli(和名:青大根)の大根おろし。
20061215160839.jpg
(米国ではdaikonという名で売られていたと思うのですが、ここ英国では中華系スーパーやインド系スーパーでmuliという名で売られています)

納豆脱感作中の私ですが、大根おろしとのミックスを勧められ、この青大根おろしと混ぜてみました。
20061215160847.jpg

どんな色になることか、と心配していましたが、納豆をすりつぶしているわけでもないので、意外と気にならない見た目です。



納豆に赤ワインがよろしくないのは、体験済みなので、
これも、今ひとつ、と評されたものの、
日本酒も焼酎も手持ちがないので、
あわせるのは、ビールにしてみました。

英国といえば、やはり、エールをご紹介したいところです。
badger2.jpg

ラベル拡大図。
badger1.jpg

Badgerという醸造所のOriginal Aleという銘柄です。
Badger醸造所は英国南端に位置し、この地域に出没するBadger=アナグマにちなんで名付けられたそうです。
Badgerの字の上の向かって右を向いている、白黒のアナグマ君にご注目ください。
(バスガイドさんみたいですね・・・)
badger3.jpg

ビンの王冠にもアナグマ君。
アナグマ君に興味がわいたため、サイトも訪問してみました。

↓クリックするとBadger醸造所のサイトに飛びます。
Badger醸造所
英国料理のレシピの紹介やグッズ販売もされていますが、
じっとみていたら、サイトの上やら下やらに登場している
田舎風の家、ねずみやキジが、ぴょこぴょこ動いてかわいいのです。


こちらは、フランスのビール。
kronenbourg2.jpg

私は、エールフランスに乗ったときに、初めて知ったのですが、
フランスで一番売れているKronenbourgというメーカーのものです。
普通のビールもありますが、今回は、フルーティーな白ビールを購入。
kronenbourg1.jpg

しかし、フランスのビールなのに、なぜ、Kronenbourgってドイツ名?
調べてみると、醸造所はアルザス地方(フランス北東部)。
Wikipediaによれば、この地方に住む方の大部分はドイツ人系のアレマン人だと言われているそうで、王制時代には「ブルボンに仕えるドイツ人」と呼ばれていたそうです。

サイトはこちら

エールフランス機に載せられているのは、
最もよく見る「1664」という銘柄です。
米国ではあまり売れなかったようですが、
英国を含むヨーロッパでは、とてもよく売れています。
日本人にも好まれる味だと思いますが、
米国では、もっと軽いのがうけるのかもしれません。
米国のエールを好む地域、東海岸やサンフランシスコあたりには、
それぞれ、サミュエル・アダムスやアンカーという有力ブランドが根を張っていますから・・・



さて、日本はもう土曜日になっていますが、ここ英国は金曜日の夜です。
記事もアップしたし、今夜はワイン♪

よい週末を!







アドベントカレンダー15日目は、東方の三博士、お二人目。
20061215171146.jpg

ということは、博士、三人目もそのうち、登場されるのでしょうか。













sonosono便り
昨夜は、ドラマ「太閤記」最終回を鑑賞。
最後のシーンを見て、
?? ねねの方が長生きしたのではないかしら?と思い
  ・・・ねねと秀吉って、どっちが長生き?
と聞いたのですが、
足首の柔らかさを活かして、しゃがみ座りをした姿勢で
ぱっちん、ぱっちんとナッツを割っていたsonosono。
ナッツに夢中で
「うん」と言っていました。


鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス・・・信長
鳴かぬなら、鳴かせてみよう、ホトトギス・・・秀吉

鳴かぬなら、鳴かんでいいよ、ホトトギス・・・by sonosono



Have a nice weekend♪クリックありがとうございます♪ ←ランキング参加していますSee You!
よろしかったら、クリックしていただくと、
一日一回カウントされて、私が張り切ります。

↑クリスマス企画、サンタのアイコン。
左側のサンタにカーソルを合わせてちょっと待ってみると・・・かわいいのです。
サンタとわんこは、
今日もわんパグさんからつれて来させていただきました。


<追伸>良かったら、コメント書いて下さいね。喜びます。

コメント

おはようございます。
昨日はお越しいただきありがとうございました。
納豆はあらゆる飲み物を撃退しますよね。緑茶が一番では?

秀吉とねねだは断然ねねが長生きでしょ。
昔の大河ドラマではねねがやけに家康に慕われ、徳川幕府の時代になってから『まんかか様』とか呼ばれていて妙な気分でした。(ちなみに家康は津川雅彦、ねねは草笛光子)

アドヴェントの博士、幼稚園の聖劇で長女がやりたくて出来なかった役だわぁ。懐かしくて切ない。

どちらが・・
英国産エールと仏産白ビール、
日本の納豆との相性はどちらのほうが良かったですか。
我が家の昨夜の晩酌は、ダンナ様の秋田出張土産の「高清水」でした。
おでんとの相性はバッチリ、美味でございました。

高校生の時、三人の博士をしました。
背の高さとジャンケンで勝ち取りました。
>もなかさん
こちらの緑茶は、レモンやら、オレンジやら、ミントがブレンドされていたりして驚きます。

そうなんです。ねね、長生きでしたよね。ドラマでは、晩年病床の秀吉の枕元に、懐かしい人々の映像が現れて、語りかけるという趣向で、なんだかあれを見ると、ねねが先に死んだみたいに思えるつくりだったので。

博士役って人気なのですね。私は、主役級をもらったことがないので、CMで熱演している木の役の子を見たとき、すごく親近感を覚えました。
>翔太ママさん
納豆は本当に、とてもパワフルで・・・特に白ビールは完敗でした。

日本はおでんの季節ですね。いいですねぇ。おでんと日本酒。夢に出そうです。

おぉっ、ここに博士役を勝ち取った方が!博士役は熱演しがいがありますね。
一番人気は、やはり、マリア様なのでしょうか。
エールとビールは違うものなんでしょうか?
ずっと一緒だと思ってました・・・
さて、いろいろお酒の話が出ていますが、先日元上司が心筋梗塞でなくなりました。お酒の後でお風呂に入ったためだそうです。これから年末年始、飲む機会が増えますが皆さんどうぞ気おつけてくださいね。
>rikaさん
難しいことはよく分からないのですが、
ビール全体が、エールとラガーとに大きく分けられるそうです。でも、醸造方法も色々なので、どちらとも言いにくいものもたくさんあるという話も。
日本で良くあるのは、ラガータイプですよね。地ビールではエールもつくられています。

お酒の後のお風呂は危ないのです・・・ひとっ風呂あびて、酔いをさまそうなんて、もっての他。
rikaさんのおっしゃる通り、皆さん、どうぞお気をつけください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dogbury.blog76.fc2.com/tb.php/80-35b546e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。